ベラジョンカジノで税金対策ってできるの⁈6つの合法的な税金対策とは‼

ベラジョンカジノ

「ベラジョンカジノで税金対策はできる?」
「カジノで合法的に税金を安くしたい・・」

これを読んでいるあなたはこのように思われているかもしれません。

 

で・・・・

このページでは、自分の心がけで簡単にできる税金対策について紹介したいと思います。

 

ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノの利益は一時所得になります。

一時所得は、所得税の10種類の中のひとつで競馬やパチンコなどの利益もこれと同じです。

一時所得は、決められた期間中に確定申告をして納税する義務があるのですが、多額の税金を納める必要があるため、「払いたくない・・・・」と、抵抗を感じる人も多いです。

ということで、詳しくみていきたいと思います。

 

ベラジョンカジノで儲けたお金の税金対策とは??

 

一番の税金対策は『正しく期日内に税金を納めることです。

 

きちんと税金を払っていれば、税務署からも目をつけられることはありません。

税金をごまかそうとする人がいるから、税務署は常に大きなお金が動くと目を光らせます。

 

ベラジョンカジノで得た利益は、一時所得として確定申告をしなければなりませんよね。

 

この一時所得は、税金対策をして節税することが難しいです。

個人事業主がこぞって法人化を目指すのも、その税金が関わってくるからなのですね。

 

合法的に税金対策をするのは難しいかもしれません。

ですが、ベラジョンカジノで利益を得たひとりひとりが、ちょっとした心がけをすることで、得た利益に対する所得税を、可能な限り抑えることができる方法はいくつかあります。

 

 

 

 

 

→ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

ベラジョンカジノでプレイしていても『あまり勝ちすぎない』

ベラジョンカジノをプレイするに当たっては、本末転倒かもしれません。

 

ですが、だれにでもできて最もおすすめできる税金対策は『勝ちすぎない』と言うことです。

 

勝ちすぎないことは、所得税の対策としては確実だからです。

 

会社から給与をもらっている会社員でベラジョンカジノを副業としている人は給与以外で20万円以上の所得がある場合には、確定申告をしなければなりません。

一時所得として扱われる場合は、特別控除額が50万円と定められているので、一年間で50万円以上の利益があれば、確定申告をしなければなりません。

 

なので、つまりは会社員の人の場合は20万円以下、一時所得として扱われる場合は50万円以下の利益であれば、実質所得税は発生しません。

 

 

確定申告をしなくても良いわけではありません。

 

ですが、ベラジョンカジノで勝ちすぎないことは

所得税を発生させないことにつながるので、税金対策にはなります。

 

 

 

 

 

 

→ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

ベラジョンカジノをプレイする時ビットコイン(仮想通貨)を使う

 

ベラジョンカジノでビットコインを使ってプレイするのも、税金対策になるかもしれません。

ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノは、最近ビットコインを導入しているところが多くなってきました。

 

これからも、ビットコインを扱うギャンブルは増えていくように思えます。

 

 

ビットコインは仮想通貨なので、どれだけ勝っても『ビットコイン=円に換える』をしない限りは税金を払う必要はありません。

 

でも、大体の人が円に換えて出金したいと思うので、その時は金額によっては確定申告をして納税する義務が発生します。

 

ビットコインの入出金の流れを、税務署がどこまで追えるのかは分かりません。

 

もしかしたらネット上のギャンブルで、今後ビットコインでのやりとりが盛んになってくる場合は、税務署もそれなりの対策はすると思います。

 

ベラジョンカジノのようなオンラインカジノでは、ビットコインでの決済はかなり使い勝手が良いようなので、一度利用してみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

→ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

ベラジョンカジノでプレイしても多額の現金を動かさない

 

銀行には、所得税が発生する可能性のある多額の入出金があった場合、税務署へ報告する義務があるようです。

 

ベラジョンカジノなどのオンラインカジノでは、ジャックポットなどで大きな利益を手にする可能性があります。

 

ですが、その利益を一度に送金してしまうと自動的に税務署に連絡が行くことになるのです。

 

 

一般的には、100万円以上の入出金があると報告の対象になると言われています。

 

なので、一度に送金する金額を抑えることで、税務署への報告を予防することができるようです。銀行だけでなく、実店舗を持たないネットバンクでも同様の報告が行われるということです。

 

なので、日ごろからちょっと心がけてこまめに送金するのが良さそうです。

 

 

 

 

 

 

→ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

ベラジョンカジノでプレイしたら支払証書を請求しておく

 

税金対策というのは、課せられた税金を抑えることだけが全てではありません。

支出管理をすることも重要になってきます。

 

会社員の人だと、会社から支給される給与に関しては会社が代わりに計算してくれています。

 

 

ですが、確定申告を自分でする場合は支出を把握していなければ申告書を提出できません。

 

ベラジョンカジノなどのオンラインカジノでは、支払調書を請求したら発行してくれるところもあるかもしれません。

 

 

しかし一般的にも、オンラインカジノ運営側から支払調書か発行されない場合が多いのも現状です。

また、ベラジョンカジノで利益を年間50万円以下に抑えるためには、細かく支出を把握していなければ、知らず知らずのうちに50万円を超していることはあり得るのです。

 

 

なので、ベラジョンカジノでプレイして税金対策をしたい場合は、自分の日々の収支を記録として残しておくということも大切になります。

 

 

個人で支出をまとめておくのは、パソコンのExcelなどを使えば簡単にできますね。日々の収支を記録しておくと、確定申告の時にすぐに提出ができてラクです。

 

それに、突然税務署から収支の提出を求められた時でもすぐに提出することができます。

備えあれば患いなし、というのはそういうことなんですね。

 

ベラジョンカジノで税金を支払っても余裕なくらい儲ける

 

税金を支払うということは『お金を取られる』と考えるとどうしてもイヤな気持ちになります。

 

ですが税金は、私たちの生活を縁の下で支えてくれる、とても大切なものです。ベラジョンカジノに限らず、どのようなギャンブルで儲けたとしても、金額が大きければ確定申告をして、納税する義務が発生してきます。

 

このことは、ギャンブルをする上で心のどこかにとどめておきたいことですね。

 

『気持ちよく税金を払える』方法としては『ベラジョンカジノで勝ちすぎない』という税金対策とは逆ですが、税金の額が気にならないくらいベラジョンカジノで儲けを出すこと、です。

 

楽しく稼げるベラジョンカジノなら、大きく儲けて、税金も、気持ちに余裕を持って支払うことができるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

ベラジョンカジノで儲けたお金にかかる税金は『一時所得』という所得税

ベラジョンカジノで稼いだお金は、一時所得として、『懸賞や福引の賞金品、競馬や競輪の払戻金』に当たるので、課税対象となります。

 

 

ギャンブルに詳しい人は

『競馬でもパチンコでも稼いだことはあるけど、税金を払わなくても何も言われてないぞ!』

と思う人もいるかもしれません。

 

そして実際に税金を払っている人もいないと思います。

 

では、なぜベラジョンカジノのようなオンラインカジノで儲けたお金には税金がかかるのでしょう。

 

ベラジョンカジノで稼いだお金にだけ税金がかかるの?

 

実はベラジョンカジノのようなオンラインカジノで儲けたお金にだけ、税金がかかっているのではありません。

 

本来であれば、競馬や競輪、パチンコなどのギャンブルで儲けたお金にも一時所得として税金はかかってきます。

 

それなのになぜ、競馬やパチンコで勝った人は税金を納めなくても何も言われていないのでしょう?

 

それは、競馬やパチンコの賞金の受け取り方に理由があります。

 

競馬やパチンコは賞金を現金手渡しで受け取るので、記録に残らないんです。

そうなると、賞金の流れを税務署が把握できないので、取り締まりが難しくなります。

 

なので、今のところは多めに見て見逃されているのが現状です。ちなみに宝くじは例外で、あらかじめ税金が天引きされています。

 

 

一方、ベラジョンカジノのようなオンラインカジノで儲けたお金は、オンラインカジノ上では分かりませんが、日本円にして出金する時に銀行振込や小切手など記録に残ります。

 

税務署側が、ベラジョンカジノのようなオンラインカジノで儲けたお金の流れを

簡単に把握することができるので、納税する義務が発生するのです。

 

ベラジョンカジノで儲けたお金にかかる税金の確定申告は必要??

 

ベラジョンカジノなどのオンラインカジノで得た利益は一時所得というものに分類されます。

 

一時所得には税金がかかってくるので、ベラジョンカジノで儲けたお金の金額をしっかりと把握しておくことが大切です。

 

前述のとおり、支払調書を請求しておいたり、自分で日々の収支を記録するのを心がけておきましょう。

 

もちろん、オンラインカジノで儲けたお金にかかる税金は、自分で税務署に確定申告をしてから納税する義務があります。

 

一年間で50万円以上の利益を得ている場合は、確定申告をして納税しましょう。

 

一時所得の場合、一年間で利益が50万円以下の場合は確定申告は不要で納税も不要です。

 

 

 

確定申告は1月1日から12月31日までの1年間の所得を申告し、納税します。

確定申告の日にちは、翌年の2月16日から3月15日の間です。

 

ベラジョンカジノで儲けたお金の流れは、インターネット上であっても記録に残ります。

自分が受け取る金額が高額だった場合は、銀行から税務署に支払調書と言う形で報告が行っています。

 

税務署から連絡がきた場合、受け取り履歴がしっかりと残っているベラジョンカジノで儲けたお金は、すぐに確認できてしまうので、税務署には言い逃れできません。

 

そうなってしまう前にしっかりと儲けた分は確定申告を行って、納税してください。

 

 

 

 

 

 

→ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

ベラジョンカジノで儲けたお金の税金を払わなかったらバレる?

 

『税金対策』として思い浮かべるのは、「どうやったら税金を少しでも払わなくていいか、納税額を減らす方法」を考えると思います。

 

このような考えは節税という考えです。

 

ですが、注意点があって、ここで「税金を払いたくないから払わなくていいや。」「せっかく稼いだんだから隠しておこう」という考えに陥ってしまう人も中にはいるようです。

 

後者の考え方は立派な脱税です。

脱税は必ずバレますし、バレなくても後々かなりのデメリットが生じてきます。

 

節税と脱税はまったく違います。

脱税は犯罪行為です。

 

本来払うべき税金を未納・滞納していたり、少なく納税した場合は脱税になります。

それに対して、合法的に納税する税金を減らすのが節税です。

 

今はインターネット上の情報にも税務署は目を光らせて警戒しています。

 

 

ネット上で「○○万円稼ぎました!!」と自慢して、税金を未納にしていた人を税務署が取り締まったという話もあります。

 

 

何度も言うように、ベラジョンカジノはオンラインカジノなので、ネット上であっても入出金の履歴が全て金融機関に残ってしまいます。

 

一時所得は、脱税はもとより合法的な節税も難しいと思って良いです。

「黙っていればバレない」という考えは捨てて、きちんと確定申告して納税しましょう。

 

ベラジョンカジノで儲けたお金の税金については税理士さんに聞いてみよう!

 

税金に関しては、税金のプロである税理士さんに問い合わせて聞いてみるのも良いと思います。

 

ベラジョンカジノで大金を儲けた場合は、税理士さんに一時所得などの計算をおまかせしても良いでしょう。

 

それなりのお金はかかるかもしれませんが、ちきんと計算してくれます。

 

ある程度お金に余裕があるのなら、事務や経理などを外注するのも、後々確定申告をするときなどに自分がラクですよ。

 

 

それから、税務署に行けば確定申告などの税金に関する指導も行っています。

 

分からないことがあれば、税務署の人に聞くと丁寧に教えてくれるはずですよ。

税務署のひとは、きちんと税金を納めて欲しいですからね。

 

とはいっても、競馬やパチンコなどの税金は見逃されていて

 

 

ベラジョンカジノのようなオンラインカジノの税金は必ず払わなければならない

…というのはすこし不公平ですね。

 

オンラインカジノというギャンブル自体が、まだ日本の法律で整備がされていません。

なので「どこまで本当に支払うのか?」というのは今後検討されていくのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

→ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

【まとめ】ベラジョンカジノでできる合法的な税金対策について

 

ベラジョンカジノで儲けたお金にかかる税金は、所得税の中の一時所得として、確定申告し、税金を納める必要があります。

 

一時所得は、脱税はおろか節税するのも難しいことですが、強いて言うのであれば

 

「期日内に正しく税金を納めること」

「税金が気にならないくらいベラジョンカジノで大儲けすること」

 

もしかしたら、一番の税金対策になってくるのかもしれませんね。

 

とは言え、税金がかかるくらいベラジョンカジノで儲けるということは相当の場数を踏まなければ、いくら還元率の高いオンラインカジノと言えど容易なことではないのです。

 

とりあえず、まずは年間20~30万円を目標にベラジョンカジノでプレイしてみてはいかがでしょうか?

 

ベラジョンカジノは、マルタ共和国政府の厳しい審査を受けてライセンスを取得しています。

 

なので安心・安全にゲームをプレイすることができますよ。

 

モバイルカジノでは日本一の人気を誇る遊びやすさも自慢なベラジョンカジノ。

スマートフォンからでも気軽に新規アカウント登録ができて、無料で遊べるゲームもあります。

確定申告や、税金のことももちろん頭の片隅に置いておきながら

まずはベラジョンカジノで、リアルマネーでゲームをプレイできる楽しさを実感してみてください!

 

 

 

 

 

 

→ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました