【脱初心者!】ブラックジャックのカジノでの遊び方・ルール・勝ち方を徹底解説!

ブラックジャック

こんにちは。

今回は、「ブラックジャック」のルール・遊び方・勝ち方まで徹底解説したいと思います。

この記事を読むことで、たとえあなたがブラックジャック初心者だったとしても、全てが分かるようになっています。

勝って儲けたい!といったことも十分に可能なので、ぜひ参考にどうぞ。

  1. カジノにあるブラックジャックのルールを年収1億超えの俺が徹底解説!
    1. どうやって勝ち負けを決めるの?
    2. ブラックジャックのゲームの流れ
      1. ①こちらの賭け金を決める
      2. ②カードが2枚自分に配られる(この時点でプレイヤー側が21であれば、その時点で勝ちです)
      3. ③ヒット・スタンドを選ぶ
      4. ④ディーラーがカードを17を超えるまで引く
      5. ⑤勝負!勝ち負けが決まる
    3. それぞれのカードの数え方
    4. 勝った時の配当はいくら?
    5. ブラックジャックのプレイヤーの勝ちやすさ・勝率・勝つ確率は?
    6. ブラックジャックの専門用語を簡単解説
  2. ブラックジャックにはカジノのディーラーに勝つ必勝法・攻略方法があるってマジ?
    1. ベーシックストラテジー【数学者の出した必勝法(ブラックジャックの最適解)】
    2. ブラックジャックで勝つための基本的な考え方
      1. 基本的に次に引くカードは10の割合が高い
      2. ディーラーはバーストさせる
      3. 17以上は問答無用でスタンド
  3. カジノでのブラックジャックの具体的なプレイ方法・賭け方
    1. リアルカジノの場合
    2. オンラインカジノの場合
    3. おすすめの賭け方は3連勝止めパーレー法
  4. ブラックジャックはオンラインカジノを使えば日本でいつでも簡単にプレイ可能!
    1. 勝てる!おすすめのオンラインカジノ第1位
    2. 勝てる!おすすめのオンラインカジノ第2位
    3. 勝てる!おすすめのオンラインカジノ第3位
  5. まとめ

カジノにあるブラックジャックのルールを年収1億超えの俺が徹底解説!

ブラックジャックのルールは一度覚えたらかなり簡単な部類です。

それをこれから解説していきたいと思います。

 

どうやって勝ち負けを決めるの?

まず、ブラックジャックはディーラー(相手)とプレイヤー(自分)の2人で対決するというのが基本であることを理解しましょう。

他にもプレイヤー・参加者がいたとしても、関係ありません。

ディーラーに勝ちさえすればお金が手に入ります。

 

そして、ブラックジャックはどうしたら勝てるのか?についてですが、

お互いにカードを引いていって、トランプを合計して21に近い方が勝ち!

という、かなり単純で簡単なゲームです。

 

だから、多くの人に愛されていて、ここまで広まっている理由でしょう。

まぁ、超シンプルなこのゲームも、実は奥が深かったりしますが、笑

ブラックジャックのゲームの流れ

さて、ブラックジャックはトランプの合計が21に近い方が勝ちというかなりシンプルなゲームです。

そして、実際には以下のような流れでゲームが進んでいきます。

①こちらの賭け金を決める

まず、ベットする額を決めます。

これは、カジノのテーブルによって上限・下限が決まっているので、その中から選んで好きな額をベットしましょう。

②カードが2枚自分に配られる(この時点でプレイヤー側が21であれば、その時点で勝ちです)

最初に自分のもとに、トランプのカードが2枚配られます。

自分はそれをみて、トランプの合計が現時点でいくつかを確認します。

ちなみに、いきなり21を引いた場合は問答無用でこちら側の勝ちになります。

これは、「ブラックジャック」と呼ばれ、非常におめでたいことなので、配当はいつもなら2倍のところ、2.5倍でもらえます。

③ヒット・スタンドを選ぶ

「ヒット」とは、もう一枚カードを引くことを表します。

に対して「スタンド」とは、もうカードをひかないことを表します。

もしトランプの合計が21を超えてしまうと、「バースト」となり、こちらが負けてしまいます。

 

だから、例えば最初に配られた2枚のカードが合計して19の場合などは、「スタンド」した方がいいということです。

これ以上カードを引いてしまった場合、21を超える確率が非常に高く、21を超えたら負けが決定してしまいますからね。

④ディーラーがカードを17を超えるまで引く

自分のたたかう手札が決まったら、ディーラーがカードを引き始めます。

ディーラーのルールとしては、絶対にカードの合計が17を超えるまでカードを引き続けなければならないというものです。

 

そして、17を超えたらカードを引くのをやめなければならないというのが決まっています。

こちら側(プレイヤー側)は頭を使う場面もあるのですが、ディーラーはかなり機械的にプレイしてくるということです。

⑤勝負!勝ち負けが決まる

こちらのカードとディーラーのカードのどちらがより21に近いかを競います。

21に近い方が勝ち。

もし自分が勝つと、配当が2倍になって返ってきます。

もし負けると、かけた分が没収されます。

それぞれのカードの数え方

ブラックジャックにおけるカードの数え方は以下のようになります。

  • エース…1または11
  • 2-9…そのままの数字としてカウント
  • 10、J、Q、K…すべて10としてカウント

注意するべき点は、Aは1と数えることもできるし、11と数えることもできるということです。

 

つまり、

Aと8を引いた場合、19と数えてもいいし、9と数えてもいいといった感じです。

かなり融通が利く手札ですし、Aと10を引けば21になり、もっとも強い手札になります。

 

また、10はもちろん10と数えます。

そして、JもQもKも、すべて10と数えます。

この点だけ注意して覚えておきましょう。

勝った時の配当はいくら?

プレイヤーが普通に勝った場合は賭け金が2倍になって返ってきます。

もし負けた場合は、賭け金が没収されます。

そして、最初に引いたカードの2枚の合計が21の場合、こちらの勝ちです。

この時は「ブラックジャック」といい、配当が2.5倍になります。

この時、ディーラー側がブラックジャックになったとしても、こちら側は2.5倍払わなくてはならないということではないので、そこは安心です。

ブラックジャックのプレイヤーの勝ちやすさ・勝率・勝つ確率は?

ブラックジャックの期待値・還元率はプレイの仕方によって変わるのですが、96〜99.4%と言われています。

これはどういうことかというと、例えばあなたが1万円使ったとします。

そうすると、9600円〜9940円になって返ってくるということです。

長期的にブラックジャックをプレイすればするほど、この期待値に落ち着きます。

 

つまりはあなたが10万使えば、9万6千円になって返ってくるわけです。

カジノ側の取り分は一見少ないように見えますが、1日に何万人もの人を相手にしているので、普通に儲かっているといった感じですね。

ブラックジャックの専門用語を簡単解説

ブラックジャックをプレイする上で、最低限覚えておいた方がいい用語をまとめました。

  • カード…ブラックジャックで使われるトランプのカードを表します。
  • シュー(カードシュー)…ここからディーラーがカードを引いていきます
  • カットカード…途中でデッキを入れ替える場合に使います
  • ディスカードホルダー…ブラックジャックでプレイした後、使用したカードを入れる箱です。
  • レイアウト…チップを置く場所です。ここにチップを置きましょう。

【覚えておきたい!ブラックジャックの専門用語一覧】

  • ブラックジャック(ナチュラル)…最初に配られた自分のカードの合計が21の場合、ブラックジャックといいます。
  • ディール…カードを配ることを表します。
  • アップカード…テーブル上で、表になっているカードのことです。
  • ホールカード(ダウンカード)…テーブル上で裏向きになっているカードのことです。
  • ベット…賭けることです。
  • ハンド…自分の手札のことです。
  • ヒット…カードを1枚引くことです。
  • スタンド…カードをこれ以上引かないことを意味します。
  • ダブルダウン(ダブル)…カードをもう一枚しか引かないかわりに、賭け金を2倍にあげられます。
  • バースト…カードの合計が21より上になったときのことです。
  • プッシュ…引き分けのことを表します。
  • スプリット…もしも同じ数字のカードを最初に2枚引いた場合、さらに同額を賭けて、それぞれのカードを分けて独立させてプレイさせることができます。

例えば、8を2枚引いたとき、そのまま合計すると16になってしまいますが、それぞれを分けて、もう何枚か引くことができるといった感じです。

  • リスプリット…スプリットした後に、さらに同じカードを引いた場合、スプリットさせることを表します。
  • サレンダー…自分の最初に配られたカードを見て、勝てなさそうと思ったときに賭け金の半分だけ払って降りることができます。
  • インシュランス…最初に配られたディーラーの手札がAの時、ブラックジャックになるかもしれないので、そのときのために賭け金の半分をさらにおきます。

そしてもし、ディーラーがブラックジャックだった場合、賭け金の半分が2倍になって返ってきます。

つまり、損もせず、得もしません。

 

ですが、ブラックジャックでない場合は賭け金の半分が没収されます。

そして、最初に賭けた金額でのゲームが続行されます。

ブラックジャックにはカジノのディーラーに勝つ必勝法・攻略方法があるってマジ?

断言しますが、ブラックジャックはディーラーに勝てます。

そのための必勝法があるのです。

  • ベーシックストラテジー
  • ブラックジャックの賭け方・考え方

というわけで、今からその全てを簡単にお伝えします。

ベーシックストラテジー【数学者の出した必勝法(ブラックジャックの最適解)】

ベーシックストラテジーとは上の画像にある表のことで、これに基づいてブラックジャックをプレイするだけで、還元率は99.4%になります。

1万円払ったら、9940円になって返ってくるということです。

 

つまり、ブラックジャックでほぼほぼディーラーに負けなくなります。

これは、アメリカの数学者が統計で割り出したブラックジャックのプレイにおける最適解になります。

エドワード・ソルプ博士という頭のいい方がすでの見つけてくれています。

この表を印刷して、これに基づいてブラックジャックをプレイしていればほぼほぼ負けません。

一瞬でプロレベルです。

 

ベーシックストラテジーは実戦で使っていれば、簡単に体で覚えていきます。

特にベーシックストラテジーを覚えるための練習などは必要ないので、さっそく使ってみてください。

ブラックジャックで勝つための基本的な考え方

ブラックジャックで勝つためには、とりあえずベーシックストラテジーに基づいてプレイしていれば問題ありません。

ただ、あの表の根本・本質には以下のような考え方があるので、それを知っておくとかなり覚えやすいです。

  • 基本的に次に引くカードは10の割合が高い
  • ディーラーはバーストさせる
  • 17以上は問答無用でスタンドする

以下でそれぞれ詳しく解説します。

基本的に次に引くカードは10の割合が高い

ブラックジャックでは、10、J、Q、Kをすべて10とカウントします。

だから、新しいカードを引くときには10のカードを引く可能性がかなり高いということです。

確率で言えば、30%を超えています。

だから、自分の次に引く手札・ディーラーが次に引く手札は基本的に10と考えた上でプレイするといいです。

ディーラーはバーストさせる

ディーラーがバーストしてくれれば、こちらは問答無用で勝ちになります。

だから、ディーラーがバーストする確率が高いか低いかを考えてプレイしましょう。

例えばもしディーラーのアップカード(手札)が6の時、かなりバーストしやすいです。

なぜなら、次の手札で10を引く可能性が高いからです。

次にディーラーが10を引いてくれれば、手札の合計が16になります。

 

ディーラーは17になるまでカードを引かなければならないといったルールがあるため、
またカードを引かなければなりません。

6以上の数字を引いた場合、21を超えてバーストするので、非常にバーストする確率が高いといった感じです。

なので、こちらのカードが12などであっても、ディーラーの手札が6の時はスタンドを選択するのが最善です。

17以上は問答無用でスタンド

自分の手札が17以上の場合は、もうカードを引くのをやめましょう。

単純に、これ以上カードを引いたら、バーストする確率が高いです。

以上、簡単にブラックジャックにおける勝ち方・考え方を説明しましたが、これを元に作られているのがベーシックストラテジーになります。

つまり、ベーシックストラテジーを覚えてさえしまえば、この考え方は頭に入れる必要はないです、笑

 

カジノでのブラックジャックの具体的なプレイ方法・賭け方

リアルのカジノ・またはオンラインカジノでのブラックジャックのプレイの仕方について解説していきます。

また、どういった賭け方をするべきなのか?もお話します。

リアルカジノの場合

まず最初に、カジノのテーブルに座りましょう。

基本的に空いている席があれば、座ってオーケーです。

 

そして、賭け金を決めて、テーブルの枠にチップをおきます。

そうすると、ディーラーからカードが配られます。

指先でトントンテーブルをたたく、または「ヒット」といえばヒットできます。
(カードをもう一枚引けます)

手を振り払う、または「スタンド」と言えば、これ以上のカードは引きません。

 

それで勝負できます。

ちなみに席が満席だったとしても、カジノによってはバックベットというものができます。

 

これは、プレイヤーの後ろ側から賭けることが可能で、賭け金の一番大きい人がプレイできるか、座っている人がプレイするか、カジノによって別れます。

どちらにせよ、自分自身でプレイできない可能性があるのでおすすめはしません。

オンラインカジノの場合

オンラインカジノであれば、基本的にボタンを押すだけです。

賭け金もボタンで決められます。

そして、「ヒット」したい場合はHのボタン、「スタンド」したい場合は「Stand」のボタンを押します。

何度かやれば、すぐに慣れるでしょう。

おすすめの賭け方は3連勝止めパーレー法

ブラックジャックで年間1億円以上稼ぐ私がおすすめするのは、パーレー法です。

パーレー法は賭け方の一種で、連勝することで大きな利益を生むような賭け方です。

例えば最初に1ドルで賭けたとします。

勝ったら次はその倍で2ドルで勝負します。

それで勝ったら、さらに倍の4ドルで勝負するといった感じです。

パーレー法は連勝すればするほど資金が増えていくのですが、おすすめは3連勝したらストップして、また1ドルから賭け直すといった感じです。

賭け金は1ドルに設定した場合、負けても1ドルしか減らないというのが大きなメリットです。

ブラックジャックでカウンティングをして攻略するなら、確実に長期戦になるので、こういったローリスクな賭け方が一番おすすめなのです。

ブラックジャックはオンラインカジノを使えば日本でいつでも簡単にプレイ可能!

ブラックジャックは、ラスベガスやマカオなどのリアルなカジノ以外でもプレイ可能です。

日本にいても、オンラインカジノを使えばプレイ可能なのです。

実際に私は年間で1億を超える金額をオンラインカジノで稼げております。

違法ではないのか?と思われる方もいるかもしれませんが、捕まることはありません。

オンラインカジノは登録するだけで30ドル無料ボーナスがあったりするので、初めての方はぜひ登録してみてください。

というわけで、以下で安心できるおすすめのオンラインカジノをご紹介いたします。

普通に勝てるオンラインカジノを厳選しましたので、参考にどうぞ。

勝てる!おすすめのオンラインカジノ第1位

ベラジョンカジノ

日本で一番利用者の多い有名オンラインカジノです。

 

日本語のサポートが充実していたり、入出金のトラブルもなく、安心なカジノになります。

第三者機関によるチェック・政府による監査などをきっちりクリアしているため、不正などもありません。

 

登録するだけで30ドルのボーナスがもらえるので、

ぜひこの機会にご登録してみてください。

勝てる!おすすめのオンラインカジノ第2位

パイザカジノ

入出金のしやすがダントツで1位のオンラインカジノです。

もちろん政府の認可を受けて運営していて安全です。

出金の上限もなく、平均2分でスピーディーに勝ったお金を引き出せます。

最近は私もかなり愛用しているオンラインカジノで、ブラックジャックでも稼いでおります。

詳細はこちら

勝てる!おすすめのオンラインカジノ第3位

迷ったら、やはりベラジョンカジノがおすすめです。

初心者の方は、特に日本で一番利用者が多く、サポートも充実しているベラジョンカジノを選ぶのがおすすめかと思います。

無料の30ドルボーナスもあるので、ぜひこの機会にご利用してみてください。

ベラジョンカジノ公式サイトはこちら

まとめ

カジノで遊べるブラックジャックは、かなりプレイヤー側に有利で勝ちやすいものです。

というか、カードカウンティングさえできれば勝ち越すことが可能で、普通に稼げます。

ぜひ、あなたもこの機会にブラックジャックでプレイして、稼いでみてください。

タイトルとURLをコピーしました