オンラインカジノは違法で逮捕される?合法性と信頼性はないのか?

オンラインカジノ

「オンラインカジノって違法なんじゃないの?」
「オンラインカジノって本当に合法?」
「オンラインカジノを使ったら逮捕されるのでは?」

これを読んでいるあなたはこのように思っているかもしれません。

今回は

「オンラインカジノを使うと摘発されるのか?」
「オンラインカジノは違法なのか?」

という2点について説明をしていきます。

 

この記事を読むことであなたは

・オンラインカジノを使っても摘発されない
・オンラインカジノは合法である

ということが理解できます。

ぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

オンラインカジノは違法じゃないし、逮捕もされない

「オンラインカジノは違法なのか?逮捕されないのか?」

この疑問にまずはお答えします。

 

結論から言うと、捕まることはまずあり得ません。

確かに、日本では公営ギャンブル以外の賭博は禁止されています。それはブラックジャックも、オンラインカジノも例外ではありません。このような法律に引っかかることになります。

 

①単純賭博(刑法185条)
・賭博をした者は50万以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまる時は、この限りではない

②常習賭博及び賭博場開張等図利(刑法186条)
・常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。賭博場を開帳し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3ヶ月以上5年以下の懲役に処する

 

このうちの2つの法律にひっかかります。

「じゃあ、オンラインカジノをやっていたら、逮捕されるのか?」と言うとそんなことはないのです。

 

どういうことかと言うと、上の2つの法律はあくまでも大前提が、「胴元の摘発・逮捕・検挙」となっているのです。

 

オンラインカジノの胴元は海外にあります。胴元が日本にあるカジノはありません。

 

私が使用を推奨しているほとんどのオンラインカジノの胴元が、マルタ共和国だったり、カナダだったり、国から正式に認可されている場所になります。

 

そのため、日本の警察はどうすることもできないのです。

先ほど上で説明した①単純賭博罪、②常習賭博及び賭博開張図利は、「日本国内にあるギャンブルの胴元」を摘発するための法律になります。

 

ですが、その肝心の胴元が海外にあったら、日本の警察は動けません。

それはそうですよね。「俺の国ではカジノは違法なんだ!だからお前の国にあるカジノを摘発してやる!検挙してやる!逮捕してやる!」なんて言えるわけがありません。

 

だから、逮捕することはできないのです。

ですが・・・・・

オンラインカジノで摘発事件発生。その真相は?

 

で、過去に一度、海外のオンラインカジノでプレイしている人を捕まえようと日本の警察が動いたことがあったのですが、捕まった人が裁判を起こし、見事に不起訴処分となったのです。

つまり、オンラインカジノは違法ではないと認められたと言うことです。

 

これからその事件の出来事を説明していきたいと思います。

 

①警察がプレイヤーを逮捕

2016年にオンラインカジノをプレイした日本人3人が逮捕されるという事件が起こったのです。以下が詳細となります。

 

【事件詳細】産経WESTより引用

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。

府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

 

この事件を経て、「オンラインカジノをプレイすると逮捕されるのか!」とかなり話題になりました。ですが、先ほども言ったように、この事件は不起訴処分で終わっています。

 

②不起訴処分で終了

今ある日本の法律では、「ギャンブルの胴元が日本にある場合」のみ取り締まれるということでした。

そのため、「ギャンブルの胴元が海外にある場合」は取り締まれないというのが自然な見方なのですが、なぜ警察は3人逮捕に踏み切ったのか?

 

それは、警察がこのように考えたのです。

このカジノは日本人向けのサービスが充実してるし、「日本人向けのゲームを日本人がプレイした」ってことになるな。実際に日本人ディーラーもいるし・・・

ってことは、「日本カジノでプレイした」とも言えなくはないはずだ!

 

ちなみに、このオンラインカジノでは「日本人ディーラーを起用したライブカジノゲーム」で有名になっており、ライブカジノの開催時間も日本時間の夕方から深夜に設定されているなど日本人向けのサービスが充実していました。

 

実際にこの3人もこのライブカジノをプレイしていたのです。

 

そのため、警察は「日本人向けのゲームをプレイした=日本でカジノをプレイした」とこじつけをして、逮捕に至りました。

かなりこじつけのような形ですが、こちらは最終的に不起訴処分となっています。

 

まず、逮捕された3人のうち2人は略式起訴を受け入れて、罰金を支払って釈放となっています。略式起訴は裁判を起こさない形で釈放となるため、オンラインカジノの違法性を問う者ではありません。

そして、3人のうち1人が略式起訴を受け入れずに裁判を起こしたのです。その結果、最終的に、不起訴処分となりました。

 

つまり、オンラインカジノの違法性は認められなかったと言うことです。

③最終的に不起訴になった理由

なぜ、最終的に不起訴処分となったのか?

 

この不起訴処分を勝ち取った弁護士の見解をまとめてみましょう。

 

弁護士の見解・意見

賭博罪(賭博をする罪)と賭博開帳罪(賭博を提供する罪)では賭博開帳罪の方が罪が重いはずである

これらの罪は、本来、法律が胴元側を裁くためにあるものであって、賭博した側はあくまで胴元を検挙するための付随的なものであると考えられる

今回の件では、胴元側(オンラインカジノ)は合法的に運営されており検挙は難しい。

胴元側(オンラインカジノ)を裁くことができないのに、賭博した側(プレイヤー)を処罰するのは妥当ではない。

 

「なぜ胴元が逮捕されないのに、プレイヤーのみが逮捕されることになるのか?それはおかしいのではないか?」と弁護士が主張しました。

 

このような主張を経て、検察側が「裁判になっても、有罪にすることは困難だ」と考え、不起訴処分となったのです。

 

 

そのため、オンラインカジノはグレーゾーンであり、逮捕されることはないと言う結論に至ったと言えます。

一度このような判例が出てしまうと、それを覆すことは非常に困難になります。

 

つまり、「検察が不起訴処分にした」という事例があるため、再度検察が訴えることは非常に難しくなります。

なぜならば、過去の判例を覆すというのは、過去の過ちを認めることになり、当時の検察官に迷惑がかかるからです。

 

そのため、検察としても、再度起訴処分をするということは、非常に考えにくいのです。

まとめますが、オンランカジノをプレイして逮捕されることはないと言って良いでしょう。

 

オンラインカジノの安心安全のライセンス・運営について

オンラインカジノのライセンスですが、国家発行のライセンスとなります。

ですので、非常に安心して使うことができますし、違法に怯えたりすることがなくなります。

 

ちなみに、海外ライセンスを取得してないカジノは違法です。
そのため、どのカジノでもライセンスを取得する必要があります。

 

この国家ライセンスは取得が難しい国もあれば、簡単な国もあります。
ですが、特に厳しい審査基準を儲けていると言われているのが、マルタ共和国、イギリスが発行しているライセンスになります。

 

この2国から発行されているライセンスを取得していれば、安全できるカジノと言うことができます。

 

例えば、ベラジョンカジノであれば、マルタ共和国から発行されているライセンスを取得しており、安心できると言えるでしょう。

 

まず、ネットカジノでプレイをするのであれば、
どこの国のライセンスを取得しているのかを、
気をつける必要があります。

 

審査が厳しい国

・イギリス
・マン島
・シブラルタル
・マルタ共和国
・キュラソー島

これらのヨーロッパの国々が発行しているライセンスは取得が非常に困難と言われています。そのため、ここでライセンス取得されているカジノを使えば、安全でしょう。

 

審査がゆるい国

・ベリーゼ
・コスタリカ
・パナマ

これらの中南米の国々が発行しているライセンスはまだまだ信頼性に疑問が多いところが多いので注意が必要です。

 

このブログで紹介しているカジノは欧米の厳しいライセンス認可を獲得している所です。
なので、安心して利用してもらえればと思います。

 

さらに、ネットカジノ・オンラインカジノでは、ゲームの勝敗が偏らないようにするためにある工夫をしています。

 

それが、RNGと呼ばれるランダムな数字を発生させるシステムのことです。

 

RNGとは文字通り「乱れた数字」のことで、特殊なアルゴリズムを元に、プレイしているゲームの数値が決定されます。

 

例えば、スロットでてくる数字などはカジノ側が意図的に決めることができず、このRNGというシステムで無作為に決められるのです。

RNGの数値ですが、1秒間に数十億回発生する数字の中から1つが選ばれるとのこと。

 

カジノ側が数値を決めることもできませんし、
これでは、絶対にイカサマすることは不可能です。

このRNGによって公平なゲームが保証されているのです。
ほとんどのオンラインカジノから採用されています。

 

ですので、イカサマや詐欺などとは無縁ですので、ご安心ください。

 

オンラインカジノの摘発状況

 

ちなみに、過去に違法なオンラインカジノを経営したとして、運営者側が摘発されたことがあります。
(利用者は誰も逮捕されてません。)

 

これまでに摘発されたオンラインカジノは3件のみになります。しかも、その3件も明らかに違法というのが見ればわかるようなカジノでした。ちなみに、利用者は誰も逮捕されていません。そのカジノがこちらです。

 

カジノ名 備考
お台場カジノ 2009年突然閉鎖・報酬未払い
ドリームカジノ 2016年常習賭博容疑で運営者5人が逮捕
スマートライブカジノ 2016年プレイヤー逮捕(不起訴処分)

 

こちらのカジノは、海外で運営されているカジノではなく、「日本で運営されているオンラインカジノ」であることです。

 

「日本で運営されているオンラインカジノ」は存在自体が違法であり、犯罪です。

日本で摘発されたオンラインカジノはこの3件だけです。

 

 

そして、安心して欲しいのが、利用者は逮捕されていません。摘発は従業員や経営者のみということです。

そのため、海外で運営されているオンラインカジノを使えば、まず問題にはなりません例えば、こちらのカジノのであれば、安全と言えるでしょう。

→ベラジョンカジノの公式サイトはこちら

 

世界一審査が厳しいと言われているマルタ共和国からのライセンスを得ています。このようにしっかりと調べてカジノに登録すれば何の問題もないのです。

 

ですが・・・・・

「カジノってよく摘発されたみたいなニュース流れてますよね」
「カジノって違法なんじゃないの?」

と思っている方がいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、よくニュースで見る摘発されているカジノはインカジと呼ばれる闇カジノです。インカジはネットカジノとは全くの別物です。オンラインカジノはネットでプレイするカジノですが、インカジは店舗に出向いてプレイする違法カジノです。

 

インカジでは大量の店がこれまでに摘発されてきています。そのため、インカジを使うことは絶対に避けるべきでしょう。

 

インカジで摘発・逮捕されるとどうなるのか?

 

インカジ店では、店内で金銭のやりとりが行われるため、賭博法に引っかかることになります。

 

また、近年では従業員だけではなく、利用者の従業員も現行犯逮捕されることがほとんどです。そのため、絶対に軽々しく使ってはいけません。

 

万が一、摘発されたら、あなたもその場で逮捕されます。見逃されることはありません。では、具滝的にどのような罪に問われるのか?それを説明していきたいと思います。

 

ケース①単純賭博罪

客としてインカジを利用すると単純賭博罪に問われます。

単純賭博罪とは「賭博したものは50万円以下の罰金、または科料に処する。ただし、一時の娯楽に供するものを賭けたにとどまる時は、この限りではない」というものです。

こちらは常習犯ではなく、初犯だと見なされたケースに起こります。

 

ケース②常習賭博罪及び、賭博開帳図利罪

刑法186条で「常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する」「賭博場を開帳し、または博徒を結合して利益を図った者は、3ヶ月以上5年以下の懲役に処する」とあります。

 

常習犯だと見なされた場合は、常習賭博罪で3年以下の懲役に処することになります。ちなみに、懲役系しかないため、実刑判決を受けた場合は刑務所行きが決定となります。

絶対に軽々しく行く場所ではないので、注意が必要となります。

 

本当にあった怖い事例

ちなみに、本当にあった怖い事例として、こちらを載せておきます。

 

【事件詳細】産経新聞より引用

大阪・ミナミの違法インターネットカジノ店で3月に起きた銃撃事件で、大阪府警南署捜査本部は20日、強盗殺人未遂と銃刀法違反(加重所持)の疑いで、韓国籍で住所、職業不詳の姜(きょう)真一容疑者(34)を逮捕した。指名手配し、顔写真を公開して行方を捜していた。

逮捕容疑は3月11日午前0時40分ごろ、大阪市中央区宗右衛門町のビル3階にある「バーファイブ」で、金品を奪う目的で男性従業員(42)の頭と男性客(32)の腹を回転式拳銃で撃ち、殺害しようとした疑いが持たれている。従業員は重体、客は重傷。捜査本部によると、黙秘している。

姜容疑者は店内に拳銃を残し、徒歩で逃走。捜査本部は20日朝、潜伏していた滋賀県高島市内の知人宅で発見し、身柄を確保した。

店は会員制。姜容疑者は店の常連客で、入店直後に従業員を撃ち、もみ合いになった客にも発砲した。捜査本部は防犯カメラの映像などから、金品を奪う目的で犯行に及んだとみて、詳しい経緯を調べている。

 

これを読んで恐ろしい気分になった人は多いかもしれません。実際にインカジには危険な人が多いですから、軽々しく利用するべきではありません。というか、絶対に利用するべきではないのです。

そして、インカジ店では非常に多くの店が摘発されています。これから、摘発されたインカジ店について説明していきたいと思います。

 

オンラインカジノの違法性・安全性のまとめ

 

ここまでオンラインカジノの摘発事例とインカジの摘発事例について説明してきました。

本文を読めば分かる通り、インカジは非常に危険な場所なので、絶対に利用してはいけません。犯罪に巻き込まれますし、刑務所行きとなります。

 

ですが、オンラインカジノは別です。

 

オンラインカジノであれば、摘発されることはありませんし、一度不起訴となった事実がありますから、それを覆すのは非常に難しいことでしょう。

そのため、今後、オンラインカジノ利用者が逮捕される可能性は限りなく0に近いということができます。

 

また、こちらのカジノでは、ライセンスが世界一厳しいと言われているマルタ共和国認可のカジノであり、トラブルに巻き込まれることはまずないと言って良いでしょう。

カジノを使うのが不安という方は、こちらのカジノを利用してみてください。

→ベラジョンカジノの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました