イカサマ注意!?ベラジョンカジノの運営会社って危険なの?

ベラジョンカジノ

「ベラジョンカジノの運営会社ってちゃんとしたところなのかな?」

「怪しい会社なんじゃないのか?」

なんて不安に思っている人もいるんじゃないですか?

ベラジョンカジノはオンラインカジノの中でもかなり有名で、海外ではCMを流す程の大手です。

・日本人スタッフによるメール又はチャットでの手厚い日本語サポート
・アカウント登録で貰えるボーナス
・初回入金ボーナス

などなど、日本人向けにサポートに力を入れていたり多くのキャンペーンをしていることから日本で一番利用者の多いオンラインカジノとなっています。

ただ、そうはいっても「ギャンブル」であることには変わりありません。

ギャンブルってだけでもなんだか怪しい感じがしますしね。

残念ながら、中にはお金を不当に騙し取ろうとしてくる悪質な運営会社も存在しているようです。

オンラインカジノで資金を増やしていくためには運営会社が法律に則った安全な会社でなくてはいけません。

あなたのお金を盗まれたり、イカサマで不正にもっていかれたりしては困ります。

そんな危険がある中では安心してプレーできないし、そんな状態では資金を増やしていくことができません。

なぜなら、不安を感じた状態だと焦ってミスをして資金を飛ばしてしまう危険があるからです。

賭博法でギャンブルが禁止されている日本人からすれば、

「オンラインカジノはどういう仕組みで運営しているのか?」

「運営会社は信頼に足るものなのか?」

というところが気になるはずです。

そこで、今回の記事ではあなたが安心してベラジョンカジノでプレーができるように

・運営会社が信頼できる会社なのか?

・イカサマなどやっていないのか

について徹底的に解説していこうと思います。

これを読めば今後あなたは不安を感じることなくベラジョンカジノで資金を増やしていけますので是非読んでみてください。

オンラインカジノははどういった仕組みで運営しているの?

オンラインカジノはプレイヤーを含めた5つの構造から成り立っています。

1:プレイヤー

オンラインカジノをプレイする私達のことです。決済会社を通じてオンラインカジノへ資金を入金してゲームをプレイします。ゲームで勝てば資金が増えて決済会社を通じて出金します。

2:運営会社

オンラインカジノを運営している会社のことです。サイト内でゲームを運営し、プレイヤーが勝てばお金を支払い、負ければ運営会社の利益となります。

3:決済会社

オンラインカジノ運営とプレイヤーとの間では直接資金の移動ができないので、決済会社を通じて資金の入金、出金をします。

4:ソフトウェア会社

オンラインカジノの運営会社ではゲームの作成ができないので、運営会社の変わりにソフトウェア(オンラインカジノのゲーム)を作成、提供します。

5:政府、監査機関

オンラインカジノの運営会社が不正なく公平な運営をしているのかを審査する機関です。

運営会社が厳しい審査をクリアすると政府は運営許可としてライセンスを発行します。

このライセンスを取得しないとオンラインカジノを運営することができません。

審査は下記のポイントに関して行われるようです。

・運営のための資金を十分に持っていること
・運営者に十分な経営能力があること
・公平なゲームを確保する仕組みがあること
・法令を遵守する仕組みがあること
・マネーロンダリングなどの犯罪ができないようにする仕組みがあること

また、ライセンスを取得すれば終わりではなく、その後も監査機関は運営会社が不正な行為をしていないのか定期的に審査します。もちろん、審査をクリアできなければライセンスは剥奪されます。

運営会社のみで運営されているのかというとそうではなく、このように複数の会社、機関によって運営されています。

どうしてこんな面倒なことをしているのかというと、運営会社が秘密裏に不正な行為をしないようにするためです。

例を挙げますと、ゲームを運営会社の有利なように設定したりとかですね。

この構造を見てみると、ベラジョンカジノの運営会社が信頼できるのかどうかについては

・ライセンスを取得しているのか?

・そのライセンスは信頼に足るものなのか?

・ゲームの設定は公平になっているのか?

といったところが出てきますね。

ということは、ここがちゃんとしていれば安心して利用できるということです。

ですので、そこについて説明していきますね。

ベラジョンカジノの運営会社はライセンスを取得しているのか?

一番最初に気になる部分はここではないでしょうか?

ライセンスを取得していないのにオンラインカジノを運営していれば違法ですしこの時点でアウトです。

海外のオンラインカジノサイトの中にはライセンスを取得せず、非合法で運営しているところもあります。

こういったところを利用してしまうと、出金できなかったり、個人情報が流出したりとトラブルに巻き込まれてしまう危険があります。

ベラジョンカジノはどうなのかというと、ちゃんとライセンスを取得して運営しています。合法だということですね。

オンラインカジノを合法的に運営するためには政府からの厳しい審査をクリアしてライセンスを取得しなければいけません。

なのでライセンスを取得しているベラジョンカジノは不正な運営はしていないということですね。

ベラジョンカジノの運営会社のライセンスは信頼できるものなのか?

オンラインカジノのライセンスの取得の難易度は国によって異なります。

長期間に渡って厳しい審査を受けてやっと取得できる国もあれば、使用料さえ払えば簡単な審査を受けるだけでライセンスを取得できるような国も存在します。

なので比較的簡単に取得できるライセンスを得て運営している会社の場合だと、合法ではありますが

「ライセンスを取得しているから絶対安全」

とはならないわけですね。

つまり運営会社が安全なのかどうかは、ライセンスを持っているのは当たり前のこととして、「審査が厳しくて評価の高いライセンスを取得しているのか」が重要になってきます。

ベラジョンカジノの運営会社の場合ですと、マルタ共和国のライセンスを取得しています。

マルタ共和国のライセンスは数多のライセンスの中でも特に取得するのが難しいライセンスです。

取得する難易度も高く、信頼性も高いことから多くのオンラインカジノがマルタ共和国のライセンスを取得しています。例としてあげると、

・ベラジョンカジノ
・ラッキーニッキーカジノ
・インターカジノ
・チェリーカジノ
・カジ旅
・ワンダーリーノカジノ
・W88

ですね。
結構有名どころが多いのではないでしょうか?

また、ライセンスは取得すれば終わりではなくその後も定期的に審査があります。
有効期限は5年で不正が発覚した場合はライセンスを剥奪されてしまいます。

人気のあるオンラインカジノの多くが選んでおり、審査も厳しいのでマルタ共和国のライセンスは信頼できるものだと言えます。

ベラジョンカジノの運営会社はイカサマとかやっていないの?

ここまで記事を読んでいくと、ベラジョンカジノの運営者は厳しい審査をクリアしてライセンスを取得し、ちゃんと合法的に運営しているということは分かりました。

ただ、ベラジョンカジノの評判をネットで調べてみると「全然勝てない」だとか「イカサマをしているんじゃないのか?」といった声を見かけます。

そういった悪い評判をみるとつい

「そうは言っても、やっぱりイカサマか何かしているんじゃないですか?」

なんて心の声が出てくるのでは?

やっぱり大切なお金を賭けるわけですから不安なくゲームを利用したいものです。

なのでここではベラジョンカジノがイカサマをするのが不可能だということを解説していきますね。

ベラジョンカジノの運営会社がイカサマをするのが不可能な理由その①

先ほどの項目でライセンスの説明をしました。

オンラインカジノを運営するためには国からライセンスを取得する必要があります。

ここで、注意したいのはライセンスは国が発行しているから全て安心安全なのかというとそうではなくて、ライセンスを与える国によって信頼性は大きく変わるということです。

例えば、お金欲しさにライセンス料を払えばすぐにライセンスをくれるような国だと信頼はできませんよね。

ライセンス発行において信頼性が高いと評判の国は

・マルタ
・イギリス
・イギリス連邦加盟国
・マン島
・ジブラルタル

などがあります。

ベラジョンカジノの運営会社が取得しているライセンスは審査がかなり厳しいと評判のマルタ共和国のライセンスを取得しています。

マルタ共和国はライセンス取得の為の審査がかなり厳しく、1番最初にオンラインカジノのライセンスを発行した国ということもあり信頼性は非常に高いです。

また、ライセンスは一度取得してしまえば終わりではありません。

その後も定期的にマルタ政府の指定した第三者機関が監査をしていて、そこでイカサマや違法行為、レートや配当などに違反がないのかを厳重にチェックされます。

不正行為を働いていたことが発覚した場合、すぐにライセンスを剥奪されてしまいます。

ここまで読めば分かる通り、ベラジョンカジノの運営会社は政府機関からガチガチに監視されていて、イカサマなど到底できるような状態ではありませんね。

ベラジョンカジノの運営会社がイカサマをするのが不可能な理由その②

ベラジョンカジノのゲームは運営会社ではなく、別のゲーム会社が制作しています。
(オンラインカジノの運営会社にゲーム制作権はありません)

なので、ゲームの設定などは運営会社側からは操作することは不可能ですね。

ベラジョンカジノの評判の中には何かイカサマをして運営会社側の有利なように設定しているのではないのか?といった憶測もありますが、それは不可能な話です。

また、ベラジョンカジノのゲームにはRGN(Random Number Generatorというものを使用しています。

RNGは日本語では「乱数発生装置」などと呼ばれています。

RNGとはランダムな数字(乱数)を発生させるもののことです。
これによってゲームをした時の数字や勝ち負けに偏りが出なくなり、公平なプレイをすることができるようになります。

このお陰で長期的にプレイすればするほど理論上は回収率(運営会社の利益)とペイアウト率(プレイヤーの利益)は同じになります。

RNGはゲーム会社が組み込んでいる為、当然のことながら運営会社は設定を変えることはできません。

つまり、ベラジョンカジノの運営会社がイカサマをするのはどうあっても不可能というわけですね。

まとめ

ここまで、ベラジョンカジノの運営会社についてまとめてきました。

・厳しい審査をクリアして国から正式にライセンスを取得している
・ライセンス取得後も第三者機関から審査を受けていて不正行為は不可能
・運営会社はゲームを作成できないので自分達の有利なようにゲームを設定できない
・RNGを採用しているので公平なゲームをできる

ベラジョンカジノが不正なことをするのはどうやっても不可能だということですね。

ベラジョンカジノの登録はこちらのリンクから可能になっています。
まだベラジョンカジノを利用したことがない人はこの機会に登録してみてはいかがでしょうか?

 

→ベラジョンカジノの登録はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました