ベラジョンカジノで大儲けしたら⁈確定申告のしかたを6分でマスターしよう‼

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノでお金を儲けた場合は

所得税の中の一時所得として扱われ、税金を納める義務が発生します。

 

 

会社員の人は会社が代わりに税金を払ってくれているので、あまりなじみがないかもしれません。

 

ですが、会社員と同じように、ベラジョンカジノで稼いだお金は、自分で確定申告をして税金を納める必要があります。

 

このページでは、ベラジョンカジノの利益にかかる税金や、確定申告の仕方や注意点などを紹介していきます。

 

 

ベラジョンカジノで儲けたら確定申告して税金を納めよう!

ベラジョンカジノである一定額以上儲けたら、一時所得として扱われ税金を納める必要があります。

 

納税をする前に必ず行わなければならないのが、確定申告です。

確定申告は、慣れない時は非常に面倒な作業に思えるかもしれません。

 

ですが逆に言えばベラジョンカジノで大きく勝てるチャンスがある、ということです。

 

法律的にも、ベラジョンカジノなどのオンラインカジノは今のところ問題はありません。

安心して利用することができ、インターネットを利用する分本物のカジノよりずっと手軽に遊べます。

 

 

ベラジョンカジノを利用する時は、税金や確定申告についても意識しておくことが大切です。

大きく儲けられるかどうかは、プレイしてみないと分かりません。

 

ですが、いざ大きく儲けた時に戸惑うことのないように、前もって確定申告について知っておくことは大切です。

 

 

 

 

 

ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

 

ベラジョンカジノで儲けた時の確定申告のしかた

確定申告は、ある一定の条件を満たした場合は必ず行わなければいけません。

 

ベラジョンカジノで儲けた場合は、年間で50万円以上の利益がでた場合に

一時所得として扱われ税金がかかってくるので、確定申告が必要となります。

 

そこでベラジョンカジノで利益を得て、確定申告が必要になった場合に備えて、確定申告のしかたを紹介します。

 

確定申告の時期・税金のかかる時期

税金はその年の1月1日から12月31日までに稼いだお金にかかってきます。

そして、その翌年の2月16日から3月15日までの間に、確定申告をします。

 

例えば2019年の5月からベラジョンカジノで儲けはじめた人は、2019年5月から2019年12月31日までの収入を計算して、2020年の2月16日から3月15日までの間に確定申告します。

 

2020年に入ってからの収入は含まれませんので注意してください。

 

確定申告の時期は、2月下旬~3月上旬がおすすめです。なるべく早めに完了させておきましょう。

 

理由として、確定申告の時期はみんな同じなので税務署が混雑するからです。

特に確定申告の最終週はかなりの混雑が予想されるようです。2月上旬だと、早く終わらせたい人で混雑します。

 

なので、できれば2月下旬~3月上旬の午後15:00くらいに確定申告しにいくことをおすすめします。

 

確定申告のしかた

 

確定申告をする時には、事前に以下のような書類の提出をする必要があります。

 

『国税庁 申告手続きの流れ』

・給与所得や公的年金等の源泉徴収票(原本)

・私的年金を受けている場合には支払い金額が分かるもの

・医療費の領収書等、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書、生命保険の控除証明書

地震保険料(旧:長期損害保険料)の控除証明書、寄付金の受領証など

引用:http://www.nta.go.jp/index.htm

 

これらの書類をもとに申告書を作成して、確定申告をすることになります。

収支の証明として、ベラジョンカジノの運営元に支払調書を発行してもらうことをおすすめします。

 

基本的に支払調書は、確定申告で必ず提出しなければならないものではありませんが

申告書の作成の際には重宝します。

 

なので、最終的にそろえる必要のある書類は

源泉徴収票

支払調書(できればあった方が良いです!)

経費の証明書(領収書やレシート)

確定申告書(国税庁のホームページから印刷・税務署でもらえます!)

…これらになります。

 

また、支払調書は税務署から証明を求められた場合にも使用できるので、取り寄せておきましょう。

もし、ベラジョンカジノが支払調書を作成していない場合は

自分で普段からExcelなどを使って、日々の収支を記録しておくと後々とても便利です。

 

ベラジョンカジノで儲けた時は『支払調書』を請求しよう

ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノで、利益を得た時に、所得税を一時所得として支払わなければならなくなった場合は、ベラジョンカジノのカスタマーサポートに問い合わせて、支払調書を請求してみましょう。

 

支払調書は、確定申告書提出の時にあった方が良いものです。

 

あらかじめ用意しておき、税務署からいつ支払調書の提示を求められても良いようにしておきましょう。

確定申告は、2月16日から3月15日の間に手続きしなければなりません。

なので、支払調書を少し早めの年末年始に取り寄せておきましょう。

 

 

もしオンラインカジノ側が、支払調書のを発行していない場合でも、自分で日ごろからExcelなどを使って、日々の収支を記録しておくことが大切です。

 

毎日収支を記録しておけば、必要な時にすぐに用意することができてラクですよ!

 

確定申告の申告用紙について

確定申告の時に分からないのが、申告用紙のことです。

 

というのも、提出する申告用紙は職業によって異なるからなのです。

申告書を用意する時は、かならずどの用紙が必要なのか事前に把握しておきましょう。

 

 

確定申告する際の用紙や手順は、個人事業主か法人かでも大きく変わってきます。

 

会社員や学生、フリーターなどのオンラインカジノで確定申告する必要がある場合は、『個人事業主』として申告することになります。

 

この時に『青色申告』『白色申告』のどちらかに分かれます。

 

青色申告する場合は、事前に『青色申告承認申請書』を届けなければなりません。

なので、はじめて確定申告する場合は白色申告になることが多いかもしれません。

 

白色申告であれば、青色申告よりも比較的簡単に確定申告が完了します。

白色申告で確定申告する場合は『収支内訳表』『確定申告書B』を用意して、必要事項を記入しましょう。

 

確定申告書A

確定申告書B

 

ベラジョンカジノの「一時所得」としての確定申告用紙の書き方

 

例えば、ベラジョンカジノで儲けた人が、給与所得者だった場合は、「一時所得」として納税するので、一時所得が生じた年分の確定申告書はA方式になるようです。

 

ベラジョンカジノで、一時所得として儲けが出ても50万円の特別控除額があるので

その範囲内だと課税されません。

 

また一時所得は、給与所得と合算する前に2分の1にすることになっているのを忘れないでください。

 

一時所得が算出されても、給与所得と合算されるのはその半分ということなので、納税者には有利な制度です。

 

確定申告書A様式の中には『所得金額』と記載されている部分があり、いくつかの項目に分かれています。

 

一時所得は、その中の『一時』という部分に記載します。

くれぐれも「収入金額等」の「一時」の欄には書き込まないように注意しましょう。

 

また、年度によって表記が変わることもあります。

分からない場合は、税務署の人に聞きながら進めていくと良いですよ。

 

確定申告は郵送でもOK!

 

直接税務署に行って、確定申告書の書き方などを指導してもらうのは良いと思います。

分からないこともその場ですぐに聞けて、あまり悩むことなく確定申告を完了させることができます。

 

また、税務署が遠い場合や忙しくて時間がない場合でも

郵送やe-Taxを利用して確定申告書類を提出するのもおすすめです。

 

e-Taxを利用する場合は、パソコンの基本的な知識とカードリーダーが必要になります。

自分がいちばんやりやすい方法を選んで申告することをおすすめします。

 

ベラジョンカジノで高額儲けたら、税金の計算を税理士さんに頼む

 

ベラジョンカジノで高額を儲けてしまった場合は、一時所得として税金を納める必要がありますね。

「納税の計算は面倒臭いし、難しいので良く分からない」という場合は、税務署に直接行って質問してみるほうが手っ取り早いです。

 

とは言っても、今の時代はインターネットが普及しているので

 

ネット上にもありとあらゆる情報が転がっているので、それを参考にするのも良いですね。

 

それでも収支の計算が難しい場合や、かなり稼げていてお金に余裕があるのなら、税理士の先生に税金の計算を依頼をしてみるのもアリですよ。

 

税理士の先生に依頼する場合は、それなりの費用はかかります。

ですがきちんと計算してくれるので、かなりの高額な一時所得となっている人にはおすすめです。

 

 

 

 

 

ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

 

ベラジョンカジノで儲けて確定申告しなければいけない場合

ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノで遊んでいるからと言って、必ずしも確定申告しなければならない、というわけではありません。

 

ベラジョンカジノで得た、利益がいくらあるかによって

確定申告しなければならない場合と、しなくても良い場合に分かれます。

 

ゲームで勝った場合

ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノの、納税が少し面倒な理由があります。

それは、ゲーム内でお金を何度も動かすためです。

 

というのも、ベラジョンカジノではクレジットカードなどから決済サービスに入金し、オンラインカジノ業者にお金が送金されます。

 

その後、サイト内で入金したお金がチップに変わり、ゲームで遊ぶことができるのです。

 

このように、お金をチップに換えるだけでも複数の業者にお金が渡っています。

そしてお金の流れが複雑化しています。

 

 

また、ゲームに勝った時に『どのタイミングで確定申告の義務が生じるか分からない。』

という人も多いと思います。

 

タイミングとしては、自分の口座に儲けたお金を入金した時、と思いがちです。

しかし実はゲームに勝った時には、もうすでに確定申告の必要性が出てきます。

 

利益が大きくなった場合

ベラジョンカジノでプレイしていて確定申告をしなければいけなくなった場合は、一定額の利益が生じた時です。

 

オンラインカジノでは、1回大きな当たりを出すとかなりの金額が手に入ります。

そして基本的に所得が多くなればなるほど、納税額も多くなります。

 

オンラインカジノは、他のギャンブルに比べて高額配当の可能性が高いです。

というのも、ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノの還元率は95%

 

他のギャンブルよりも高く、それだけ稼ぎやすいとも言えます。

 

 

またベラジョンカジノのゲームによっては、

同席するプレイヤーによって、高額配当されるという可能性が無きにしも非ずです。

 

そのため、ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノで大金を手にする可能性もあります。

なので、確定申告についてきちんと理解をしておくことが大切です。

 

一定額を稼いだ場合

少しでもベラジョンカジノで利益を得たら、必ず確定申告をしなければならない

 

…というわけではありません。

 

確定申告はすでに定められている、一定額以上の利益が生じた時に必要になるからです。

逆を言えば、一定額を下回っていたら確定申告をする必要はありません。

 

そこで確定申告が必要になる場合が

会社員として会社から給料をもらっている人は、

給与以外に20万円以上の所得が発生した場合です。

 

会社員でベラジョンカジノを副業にしているひとは注意してください。

 

 

 

 

 

 

ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

ベラジョンカジノでプレイして確定申告しない場合(しなくても良い場合)

 

会社員の人は、確定申告することでお金が返ってくることがあります。

 

しかし、ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノで儲けたときは、納税をするための確定申告なので、お金が返ってくるということはありません。

 

そのため、確定申告をしなくても良い場合は納税もありません。

ここでは、ベラジョンカジノをプレイしていても確定申告しない(しなくても良い)例を紹介します。

 

利益がない場合

これは当たり前のはなしですが、利益が出ていない場合は確定申告する必要はありません。

 

またベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノでは無料で遊べるゲームもありますね。

無料ゲームで遊んだだけでは、お金の動きがないので確定申告する必要はありません。

 

必要額以下の所得の場合

上記で紹介したように、所得が一定を越さなければ確定申告の必要はありません。

 

会社から給料をもらっている会社員の場合は、給与以外に20万円以上の収入があった場合に確定申告が必要になります。

 

ですが給与以外の所得が20万円以下だと確定申告する必要はありません。

 

またベラジョンカジノのような一時所得として扱われる税金の場合、特別控除額が定められていて、50万円の特別控除があるので、年間の所得が50万円以下であれば、確定申告する必要はありません。

ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

ベラジョンカジノで儲けたお金が会社にバレる??

会社に勤めているベラジョンカジノのプレイヤーさんも中にはいると思います。

 

そんな時にベラジョンカジノで儲けて、確定申告すると、「会社のほうにバレてしまうのでは?」と不安になってしまうかもしれません。

 

そんな時に気を付けておきたい点があります。

 

それは、確定申告書の2面に

【給与所得がその他の所得にかかる住民税の徴収方法】という欄にある【普通徴収】というところにチェックをいれる、ということです。

 

この【普通徴収】という部分にチェックを入れておかないと、勤めている会社に通知が届いてしまいます。

 

そうでなくても『その他の所得って、なにで稼いだの?』とは聞かれたくないですよね。

 

【普通徴収】にチェックを入れておけば、通知は自分の家に届きます。

会社に勤めている人は気を付けておいてくださいね!

 

ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

ベラジョンカジノで儲けたお金の税金を納めなかったらバレる??

 

ベラジョンカジノで儲けたお金の税金を、一時所得として確定申告しないとバレます。

 

税金の未納や滞納は、脱税になる恐れがありますよ。

脱税は犯罪です。

 

やるのは簡単かもしれませんが、後々とんでもないことになるのでやめましょうね。

 

また、たとえ税務署に確定申告したとしても

実際の金額より少なく申告すれば、それは『過少申告』となり、脱税にあたります。

 

ベラジョンカジノで大金を儲けた場合、人間はどうしても欲深くなります。

そして税金を納税するのが急に惜しくなってきます。

 

でも、納税は日本国民の義務です。憲法にも定められています。

 

 

ベラジョンカジノは、インターネット上のオンラインカジノです。

入金・出金いずれの場合も必ず金融機関をお金が経由します。

なので、お金の流れがネット上の記録に残ります。

 

税務署は権限があるので、個人の金融機関口座であれば簡単に調べられます。

なので、ベラジョンカジノの儲けを隠していても、通帳を調べられればすぐにバレてしまうのです。

もし、脱税がバレれば追徴課税に加え、加算税など余分な税金を払うことになります。

 

税金の納税の時効は7年です。

脱税がバレるのが遅ければ遅いほど、それまでの延滞税もさらにかかってきます。

 

自己破産しても、税金の滞納は消えません。

税金を滞納した本人が亡くなった場合でも、その滞納した税金は家族に相続されていきます。

ギャンブルの儲けの税金滞納で、子どもや家族に迷惑はかけたくないですよね…。

 

脱税は、精神的にも金銭的にもリスクが大きいです。

 

脱税することを考えるのではなく、ベラジョンカジノで楽しくプレイして、儲けた分はきちんと確定申告することを考えてくださいね。

 

ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

【まとめ】ベラジョンカジノの確定申告について

 

ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノでは、他のギャンブルよりも稼ぎやすいという特徴があります。

しかし、ただ稼ぐことだけを考えていれば良いわけではありません。

 

オンラインカジノとはいえお金を得たのであれば、きちんと確定申告をして税金を納めなければならないのです。

 

 

 

ベラジョンカジノで儲けた時の確定申告についてのポイントは以下のとおりです。

 

年間で50万円以上の利益が出た場合は、一時所得として確定申告する必要がある

確定申告は2月中旬から3月上旬に行くのがおすすめ

税務署で分からないことは聞けるし、確定申告の指導もしてくれる

支払調書は、確定申告のときに用意しておいたほうが良い

確定申告の申告用紙は職業によって、記入する用紙の種類が違ってくる

会社員は給与以外の所得が20万円以下だと確定申告不要

会社員は会社にバレないように確定申告をすることが可能

ベラジョンカジノで儲けたお金の税金を申告しないと、脱税になる

 

会社員の人とは違い、ベラジョンカジノで儲けたお金は、自分で確定申告や納税の、準備や手続きをしなければいけません。

 

はじめは慣れなくて時間がかかる作業かと思います。

しかし、慣れてしまえばかなりスムーズに終わらせることができるはずですよ。

 

確定申告にあたり、一時所得の計算方法の理解も大切で、オンラインカジノによっては支払調書を作成してもらえないところもあります。

 

なので、自分でこまめに収支の記録をしておくのと、ネットで一時所得の計算方法をサラッと見ておくと良いと思います。

 

面倒なことははやめはやめに終わらせて、ベラジョンカジノでひと儲けしてきてくださいね!

→ベラジョンカジノの詳細はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました