ベラジョンカジノで儲けたお金に税金がかかる‼税金未納は必ずバレる⁉

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノをはじめとする、オンラインカジノを利用した時、「税金ってかかるの??」と思う人も大勢いるのではないかと思います。

「税金」について気になっている人は多いはずです。

結論として、ベラジョンカジノで儲けたお金には、税金がかかってきます。

今回は、オンラインカジノの法律問題として気を付けておきたい『税金』についてお話しします。

 

ベラジョンカジノで儲けたお金に税金がかかるのはなぜ??

 

ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノは、実際にお金を賭けてプレイすることができるギャンブルの中の1つです。

 

意外かもしれませんが、オンラインカジノで稼いだお金には税金がかかります。

ギャンブルで稼いだお金は法律的に『一時所得』としてお金がかかるからなのです!

 

日本には法律で『所得税法』があるから

 

少しだけ難しい話になりますが、日本の『所得税法』における納税者は(個人・法人・人格の無い社団)、所得税法や他の法律で『非課税所得』として定められている所得を除いては、全ての所得が課税対象になります。

なので、それらの所得に課せられる所得税を、国に納めなければならないのです。

 

「一時所得」に分類されるものだから

課税対象となるものは以下の4つとされています。

 

①懸賞や福引の商品金・競馬や競輪の払い戻し金

②生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金など

③法人から贈与された金品(社内行事の景品など)

➃遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

 

この中で、オンラインカジノは①に分類されるので、課税対象になるということです。

 

オンラインカジノに限らず、競馬・競輪・パチスロ・競艇の払い戻し金や、懸賞や福引などの賞金にも、同様に一時所得としての税金がかかるのです。

 

日本で生活していると、ありとあらゆるものに税金がかかってきます。日本は空気以外は全て税金がかかる、というのも言い過ぎではないような気がしますね。

 

競馬やパチンコで『納税した!』とは聞いたことがないけど…。

でもギャンブルしているひとで『税金を納めた』というひとなんて聞いたことがないですよね。

 

それにギャンブルで税金がかかるというのを知らない人のほうが多いのではないでしょうか?
その理由は『賞金の受け取り方』にあるんです。

 

日本のギャンブルは、すべてその場で現金で手渡しされます。そのため、記録に残らないのです。記録に残らないため、税務署もお金の流れを把握しづらく実質的に見逃されているのです。

 

 

オンラインカジノの場合は、ゲームをプレイする時に、現金を海外に送金しなければなりません。

 

なので、この時銀行やクレジットカードを通じて、送金となると記録に残ってしまうのです。
また、オンラインカジノからお金を引き出す時も、銀行などにお金を振り込むので記録に残ります。

記録に残っていると、税務署もしっかりとお金の流れが把握できるので、税金がしっかりとかかってくるわけです。

ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

ベラジョンカジノで儲けたお金にかかる税金の計算方法

ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノで稼いだお金には税金がかかります。

ベラジョンカジノの場合は、一時所得として計上することになりますが、その際に気を付けなければならないのが、税金の計上方法です。

 

税金は「その年の1月~12月までのトータルの収支で計算する」と考える人が多くいます。

 

しかし、一時所得の場合は違うのです。利益が上がった時だけを計算し、損失は計上されません。

簡単に言うと『利益が上がるたびに税金が発生』するのです。
分かりやすく表にしてみます。

総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 20万円 25万円 +5万円
2月 5万円 0円 -5万円
3月 20万円 30万円 +10万円
4月 10万円 30万円 +20万円
5月 20万円 20万円 0万円
6月 20万円 25万円 +5万円
7月 40万円 5万円 -35万円
8月 35万円 20万円 -15万円
9月 30万円 80万円 +50万円
10月 50万円 75万円 +25万円
11月 30万円 15万円 -15万円
12月 60万円 100万円 +40万円
合計 340万円 425万円 +85万円

 

上の表は1年間の収益をまとめたもので、最終的な収益が『+85万円』になっています。

これを計算して納税する人もいると思いますが、実は違うのです。

 

先ほど言ったように『損失は計上することができない』ので、
実際に納税する時の収益は、以下の表の通りになります。

正しい表↓

総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 20万円 25万円 +5万円
3月 20万円 30万円 +10万円
4月 10万円 30万円 +20万円
6月 20万円 25万円 +5万円
9月 30万円 80万円 +50万円
10月 50万円 75万円 +25万円
12月 60万円 100万円 +40万円
合計 210万円 365万円 +155万円

 

2月・5月・7月・8月・11月は損失が出たので計上されません。

 

なので最終的には+155万円の計算になります。

『+85万円』のトータル収支のはずが、一時所得の計算の場合だと『+155万円』の計上になるので気を付けてください。

とにかくオンラインカジノで稼いだお金の収支を毎月必ずつける、ということが大切です。

 

一時所得の計算方法とは?

 

上で説明したように、一時所得では損失は計上されません。

ということで、一時所得の計算のしかたについて少し紹介していきたいと思います。

 

まず、その年の1月1日~12月31日までの、ベラジョンカジノで稼いだお金を合計します。

 

そして、この儲けた合計金額から『特別控除額』として50万円を引きます
特別控除とは、税金をオマケしてくれる制度のことです。

 

そうして計算して出てきた金額が、ベラジョンカジノで稼いだ一時所得の金額になります。

 

例えば、平成31年中に、ベラジョンカジノで稼いだお金は300万円だったとします。
次に、特別控除の50万円をそこから引きます。

 

300万円₋50万円=250万円

 

250万円が一時所得の金額となります。

なお、実際に税金を払う際には250万円の2分の1である、125万円に対して税金がかかってきます。

その125万円と、その他の所得、例えば給与所得などを合計したものが『所得税の合計金額』となり、税金がかかるのです。

 

また、特別控除の50万円を引いて、その合計金額が0またはマイナスになる場合は、税金がかかりません。

 

つまり一時所得は、その1年間の賭けが50万円以下であれば、税金が発生しないのです。

 

 

具体的に支払う金額は、その人によって変わってきます。

詳しくは国税庁のホームページを参考にしてみてくださいね。

国税庁のホームページはこちらから

 

ベラジョンカジノで稼いだ場合


ベラジョンカジノは、数あるオンラインカジノの中でも、日本人にとっては使いやすく、
サービスも充実しているので、とても人気があるオンラインカジノです。

 

テーブルゲームやスロット、多くのカジノゲームが用意されていて、ビットコインが使えるのも魅力のひとつです。

時には、一時所得としての所得税が発生するくらい稼いでしまう場合もあるかもしれません。

 

ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノで、利益を得たことで所得税を払わなければならなくなった場合は、カスタマーサポートに問い合わせて、支払調書の請求をしましょう。

 

 

確定申告は、2月16日から3月15日の間に手続きしなければなりません。

 

なので、支払調書を少し早めに年末年始に取り寄せておくと良いと思います。もしオンラインカジノ側が支払調書を発行していない場合でも、自分で日ごろからExcelなどを使って日々の収支を記録しておくと必要な時にすぐに提出できるので便利です。

 

50万円以上稼がなければ、税金が発生することはないので、うまく調整しながらプレイしてください。

 

ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

ベラジョンカジノで稼いだお金を「確定申告しない」という場合

 

ベラジョンカジノで稼いだお金は、一時所得という扱いで納税するということは前述のとおりです。
納税するということはつまり、確定申告をすることです。

 

ベラジョンカジノで稼いだお金を確定申告しないと、脱税の疑いをかけられてしまう可能性があります。
そして税務署が調査に入って、税金を滞納していることがすぐにバレてしまいます。

 

なので、稼いだのなら「確定申告しない」という選択肢はありません。

 

ひとつだけ、ベラジョンカジノでプレイしていても確定申告をしないという方法があります。
これは税金対策のひとつですが、『ベラジョンカジノで勝ちすぎない』ということです。

 

ギャンブルをする上では、本末転倒かもしれません。
ですが、所得税の対策としては確実な方法です。

 

一時所得には50万円の特別控除額が定められています。

 

なので、1年間でベラジョンカジノの利益が50万円を超えなければ、実質所得税は発生しません。所得税が発生しない、ということは確定申告は不要ということです。

 

 

ひとつの税金対策として、覚えておいても良いかもしれませんね。
しかし、ベラジョンカジノで年間50万円以上稼いだら、必ず確定申告するべきです。

ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

ベラジョンカジノで稼いだお金を「税金逃れ」したらバレる??

もしかしたら、これを読んでいる方の中には、

「税金払いたくないし、申告しなくても大丈夫かな・・・・」

と思っている人もいるかもしれません。


ですが、ベラジョンカジノで稼いだお金の税金を申告しないでいると、いつかはバレます

 

税金の申告をしないで放置するということは、脱税になります。
また、仮にバレなかったとしても様々なデメリットがあります。

 

ここでは、その恐怖の

デメリットについて紹介していきます。

 

脱税・徴微税の恐れがある

 

パチンコや競馬で儲けたお金にも税金がかかるというのは、前述したとおりですね。

 

でも、パチンコや競馬は現金をその場でやり取りして遊ぶギャンブルです。

税務署としても本来であれば、パチンコや競馬などで儲けた人から、税金を徴収したいと思っています。

 

ですが、入出金のやりとりの履歴が残っていないので、個人の収入や所得の特定には繋がりにくいのです。
そのため、お金に名前は書いておけないので、そのあたりは今でも見逃されているのが現状です。

 

 

しかし、ベラジョンカジノのようなオンラインカジノの場合、アカウントとしての履歴や、銀行やネットバンクの履歴が残ります。

 

なので、個人の収入・所得としてデータが残ってしまいます。

 

これらは税務署も追跡することが可能なので、個人の収入・所得の特定に繋がります。

 

日本国内にある金融機関の口座は、すべて税務署が把握することができると言っても良いです。

 

それは、ジャパンネット銀行や楽天銀行などの紙の通帳がないネット銀行でも同様です。
『税金を納めたくない!』と、確定申告をしないままでいると、納税を怠っているということがバレてしまいやすいので注意してください。

 

それは脱税行為になってしまいますよ!

ちなみに、税務署が個人の口座を調べれば、儲け分を脱税しているかどうかは一目で分かってしまいます。

隠し通すことは非常に難しいと言えるでしょう。

 

 

エコペイズやアイウォレットで入出金すれば、税金逃れはバレない?

 

「ベラジョンカジノで儲けたお金を、エコペイズアイウォレットなどの電子決済で入出金すれば、税金を払っていないことがバレないか?」というのをネットで検索している人は多いです。

 

ですが、税務署は甘くありません。普通にバレます。

 

ベラジョンカジノは、海外のオンラインカジノです。ベラジョンカジノで儲けたお金を出金する時は、必ず日本の金融機関のどこかで受け取ることになります。

 

エコペイズやアイウォレットは、今でこそ直接自分の口座へ出金することができます。

 

しかし、日本国内の金融機関は、100万円以上の海外への送金を行うと、全てその内容を税務署に報告するようになっています。

 

もちろん、海外から日本の金融機関の口座へ送金される時でも同じです。それを税務署が把握すると、送金から半年~1年後に、『お尋ね』の通知が来ます。

ここで、税務署にバレます。

 

 

例え海外から、自分からの送金が100万円未満だとしても、日本の金融機関には取引の履歴がきちんと残ります。

 

なので、エコペイズやアイウォレットなどの電子決済を使ったとしても、インターネット上には送金のやりとりが残るので、税務署が調べれば確実にバレます。

 

税務署は、権限があるので個人の銀行口座を調べることが可能です。

個人だけではなく、その家族の銀行口座を調べることもできてしまうのです。

 

ベラジョンカジノがインターネット上にある以上、そして海外から送金している以上は

必ずその証拠は残ります。

もし税務署から脱税の疑いをかけられた場合は、自分名義の口座は全て調べられると思ってくださいね。

 

税金の支払いの時効は最大で7年

法律上の効力がなくなることを、時効と言います。

税金の支払いの時効は、最大で7年です。

 

ちなみに、脱税して7年間は逃げ切ろう!と思う人はいないかもしれません。
ですが、税金支払いの時効が7年とは言っても『時効の停止や中断』というものがあります。

例えば、税務署から督促状が届いた場合は、また1から時効が始まるというケースもあるのです。

 

ベラジョンカジノでいくら稼いだかの金額によりますが、最大で7年もの間、脱税がバレないかどうかビクビクしながら過ごすのはおすすめしません。

 

せっかく楽しくゲームで稼いだお金なのに、今度は脱税がバレるかもしれない、という恐怖にさいなまれてしまうかもしれないのです。

 

 

もし脱税がバレたら、余分に税金を払わなければならなくなります。

脱税は、金銭的にも精神的にもリスクが大きいものと言えるでしょう。

 

税金の滞納は自己破産では消えない

 

例えば、ある人の脱税がバレてしまい、税務署から多額の追加税金の支払いを命じられるとします。

 

もうかなり前のことだったので、本人も脱税したことを忘れていました。
今更追加で税金を払えと言われても、もうそれだけのお金は残っていません。

 

そこでその人は自己破産をするとします。

 

でも、自己破産をしたからと言って滞納した税金は消えることがありません。
自己破産をすると、借金などはすべてなくなると思いがちです。

 

自分が滞納した税金だけは、自己破産しても消えないのです。
また一般的に、ギャンブルで作った借金も自己破産では免除されません。

 

税金の滞納は子供に迷惑がかかる

もし脱税がバレて、税金を納めないまま本人が亡くなったとします。

 

その滞納した税金は、そのまま相続として引き継がれます。
つまりは、脱税した人の子供が代わりに税金を払わなければならなくなるのです。

 

もちろん、相続を放棄することはできますが、相続を放棄する場合はすべての財産を放棄しなければなりません。

 

貯金や不動産など財産があった場合は、これらと滞納した税金を合わせて全てを放棄しなければならなくなります。

 

ちなみに、儲けたお金を少なく見せかけて少ししか税金を払わない、という場合も脱税です。

 

税金は、正しく決められた期日までに納めるようにしましょう。

税金についての詳しいことは、税理士さんか税務署に問い合わせてみてくださいね。

 

ベラジョンカジノで稼いだ分の税金の未納はバレる・リスクがとても大きい

 

税務署は、税金を徴収するプロフェッショナル集団です。

素人が思いつくような脱税方法などは、すぐに見破られてしまいます。

 

脱税がバレた場合は、本来納める税金とは別に、ペナルティとして余分に税金を支払わなければならなくなります。

 

脱税が悪質と判断された場合は、最大で50%もの税金を支払わなければならないのです。

 

脱税はバレなければ良い、というものでもありません。

 

後々たくさんのデメリットが生まれて、せっかく稼いだお金以上の税金を払うことになりかねないのです。
脱税を考えるより、先にしっかりと納税して、正しく楽しくベラジョンカジノでプレイしてくださいね。

 

ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

 

【まとめ】ベラジョンカジノで儲けたお金にかかる税金について

 

ベラジョンカジノのようなオンラインカジノでは、儲けたお金に必ず税金がかかります。

 

この税金は、所得税の中の『一時所得』としてかかる税金です。

税金がかかるからといって、オンラインカジノを遠ざける必要はありません。

税金を正しく納めるために必要な確定申告も、初めは慣れなくて、時間がかかってしまうかもしれませんが、慣れてしまえば本当にラクです。

 

今回のベラジョンカジノで儲けたお金にかかる税金についてのポイントは

日本では法律で、オンラインカジノで得たお金にも税金がかかる

パチンコや競馬など現金で直接やりとりする賭け事は個人の収入を把握しにくい

ベラジョンカジノで儲けたお金は日々の収支として記録しておく

オンラインカジノで儲けた一時所得は、損失は計上できない

ベラジョンカジノで儲けたお金が50万円以下の儲けだと、税金はかからない

オンラインカジノ側に収支調書を請求してみる

脱税したら必ずバレる

脱税は精神的・金銭的リスクが大きい

税務署は税金を徴収するプロ

このようになりました。

 

 

税務署では確定申告の指導もしてくれるので、税金について分からないことがあれば、積極的に問い合わせて聞いてみると良いと思います。

 

まずはベラジョンカジノで楽しくゲームをプレイしてみてください。
その時に、頭の片隅にオンラインカジノで稼いだお金にかかる税金のことを置いておいてください。

 

毎月ベラジョンカジノで儲けるようになったら、収支の記録は必ずしておきましょう。

 

ベラジョンカジノの公式サイトはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました